旅のあとの大掃除【BromptonM6L】(tato

どうもtatoです。
旅行日記に関しては前回で終わりな訳ですが、前回豪雨の中走り回ったせいで帰ってからがまた忙しかったです(ーー;
Bromptonは言わずと知れたクロモリな自転車です。
クロモリと言えば鉄です。
そのクロモリ自転車を雨の中暴走していた訳です…
さびるのは嫌です(TT
てことで、オーバーホールが…
まあ、全体拭くのは良いんですよ(^^;
泥よけもすさまじくどっろどろ(ーー;
振ったら砂利が落ちてくるほど(TT
前輪は15mmで外せばすぐ拭けます!なので良いんですが…
うちのBroは2台共にM6Lということで、後輪にはスタメの内装変速が付いて居る為、外すとなるとこれの調整も含める事になるんですよね(^^;
今までうちのBroはパンクした事無いため、購入後に1度外し方を習った事があるけどそれからやった事は1度もありません(ーー;
まあ、後輪パンクしたら出先で全部やる事になる訳でってことで殺っておしまい!ってことでやってみました後輪はずし。ついでに自分の為の忘備も兼ねて(^^;

2013 09 02 21 19 02
まずはこのでかいチェーンのようなのが付いている所を外す事となります。
変速は一番重いギアにしときます。それが一番緩んでいる状態となると思います。
2013 09 02 21 20 12
でこれをくるくる回して外します。
2013 09 02 21 22 33
で、これも外します。
2013 09 02 21 22 42
ちっちゃいチェーンが見えてたのはこんな感じ
2013 09 02 21 22 54
これも取り外し
2013 09 02 21 23 16
2013 09 02 21 27 58
チェーンもドロドロだったので取り外し(ーー;
2013 09 02 21 32 51
で、出て来たこれを緩める訳ですが、タイヤ止めの金具は通常状態で上側にTOPの文字がありますのでこれを上にしてはめてやればOKです。
注意は、もしも折り畳んだまま外した場合はTOPが下側になるので注意です。
多分、外で後輪をパンクしてチューブ交換になる場合は折り畳んだまま作業した方がらくだと思います。
テンショナーも楽に着けられるのでチェーンの張りだけは外す前に写真取っておくとそれ見ながら作業すれば簡単だと思います(^^ノ
で、清掃後、さっきの反対の行程で着けて行く訳ですが、この際はあまり気にしないで着けて行って問題ないと思います。
問題は、全部着けた後の変速調整(ーー;
P9020916
3速の変速を2速(真ん中)にし、この六角ボルトの穴より変速の調整を行う訳ですが、針のようなロッドの先端とねじ穴部分がこの穴より確認し調整すれば良いのです。
と言っても解らないですよね(ーー;
図解で書こうと思いましたが絵心無い私…なので以下のリンクからお願いします(結局投げるのか(ーー;
YouTubeでみつけてきたの。。。
公式のメンテ関係の動画で英語の内容ですが見てるだけでも結構役に立ちます。

タイヤ取り外し取り付けについて

3速の調整のしかたについて

3速の調整のしかたについては以下の0:55くらいからが解りやすいかな?と思います。
他にもYouTubeで結構公式がメンテナンス関係や色々公開してるので英語解らなくても解りやすいかもしれません。
以上、丸投げで申し訳ありませんが(ーー;


PAGE TOP