【非折畳みDAHON PrestSLレビュー】2か月使ってのメリットデメリット

はじめに

非折畳みDAHON PrestSLへ以前のクロスもどきからリプレースしお買い物兼近場用の実用車として使って見ての感想、レビューを書いてみようと思います。

ただ、非折り畳みでのって話よりはPrestSLとしてどうなのか?って感じになってます。

まあ、走行性能はそこまで変わるわけないですしねぇ

感じたメリット、デメリットは以下のようになってます。

メリット

  • 見た目以上の走行性能で結構距離を走れる
  • 持ち運びする際も片手で扱いやすい
  • 輪行の容易さ
  • 軽さは正義

デメリット

  • 駐輪場に停めにくい
  • かなりの坂が続くとやはりキツい
  • 振動吸収性能が皆無
  • むき出しで片手で運んでたらよく他人からガン見される(^^;

各メリット、デメリットに関しての詳細は以降をご覧ください。


走行性能ってどれ位あるの??

走行性能ですが基本平地メインで考えるとしても私の場合、普段で片道10km程度は普通に乗ってます。

坂含むで30kmほど走った時は流石に疲れましたがそこまで無茶ではないように思います(人によるとは思いますが…)

また軽い小径車なので漕ぎだしの速度は結構な速度になります。(すぐにトップスピードにのる感じです)まあ、その分長距離では速度伸びないんですが

そして、坂に関しては見た目&シングルギアにしては結構登れます。

ただし、体感で15%超え位からBB周辺で悲鳴が聴こえる事が(==;私が踏みすぎなのかもしれません。

あと、私が今まで乗ってきた自転車の中では一番振動を直に感じる自転車ですね。

この辺は乗り方の考え方と慣れが必要だと思います。


乗らない時の持ち運びや駐輪ってどうなの?

停めて駐輪場等へ置く際ですが、元々この子軽すぎるため基本に忠実に地球ロック必須だと考えてます

その為、止める場所を探すのが結構面倒ではあります。

また、駐輪場のロックに関しては前輪で止めるタイプの場合、HE16インチの弊害として高さ足らずにロックの上にフォークが乗った状態になる事が多々あります。ロックはかけれるので、少々フォークに負担かかりますね



軽いことでの実用性は?

ハンドル畳んでシートポスト下げて片手で抱えて歩いてると知らない人からガン見される事が多々…

実際重量がペダルレス整備前で実測7.7kg。現状8.5kg程度(ハンドル、ペダル全混みで)の為、目に見えて軽いですね

そしてこれは輪行の際にも言えます。

輪行袋の選択(うちは TIG 022 コクーン ボトルタイプ ブラック BAR02200使ってます)は必要ですが、思った以上に便利ですね。

ロードバイクでこの袋使って輪行するのは問題を感じますがこの自転車には良いと思います。


最後に

この自転車、買いだったか悪かったか?で言うと人によるとは思います。

でも私自身はすごく満足してます。行動しやすいですしね\(^o^)/

家おきで直ぐに持ち運んで直ぐに乗っていけるいい相棒となってくれたと思ってます。

何か聞いてみたい事がありましたらお気軽にコメント欄かbiciterminiさんへお気軽に質問を^_^

次回はこの自転車のカスタマイズするなら?について書いてみようと思います。



PAGE TOP